女性ニートでも社会復帰できる!ポジティブ脱ニート応援ブログ。

脱ニートを目指す20・30代の女性を応援するブログです。女ニートでもできるお仕事・アルバイトの紹介や脱ニートの考え方などを伝授!

ニートだってフルタイムで働きたい!正規雇用を目指す方法!

calendar

「今はニートだけど就職するならフルタイムで働きたい!」

ニートがフルタイムで働くなら、アルバイトなどの非正規雇用よりも
正社員である正規雇用の方が断然いいですよね。

当然ならがお給仕も全然違いますし、正社員として就職できたら
立派に脱ニートできた大きな証になります!

元ニートの私が「正規雇用(正社員)」で就職する方法を伝授しちゃいます。

スポンサーリンク

ニートで正規雇用は難しい?

長くニート(無職)でいた人がいきなり
フルタイム勤務の正社員になるのは難しいのか?

世間一般のイメージ的にはなかなか”難しい”ですよね。

普通に考えて「1年ニートしてましたが御社でフルタイムで働きたいです!」と
アピールしても、「えぇ…本当にフルタイムで働けるの?」という感じです。

じゃあニートで正規雇用は無理なのか!という訳ではありません。
私も実際、ニート→正社員採用という手順で今の会社に入ったので絶対に無理、ではないのです。

ただ「ひとり」では絶対に無理です!そう、「ひとり」でなければ
ニートでも正規雇用を目指すチャンスがあるのです!

そこで活用するのがニート向けの就職支援サービス!

私がニート時代に活用したのが「ニート向けの就職支援サービス」です。

ニートであった当時はとにかく「バイトでも非正規雇用でもなんでもいい!」
「ココで仕事を紹介してもらおう!」という感じでこの就職支援サービス泣きついたのですが…。

利用してみたら「うちで紹介している仕事は全て”正規雇用だけ”なんです」と言われて度肝を抜かれました。

確かに紹介された会社の全てが「正規雇用」でした。
(今働いている会社も実際に紹介してもらった仕事で、フルタイム勤務で勤めています。)

それまで「ひとり」で就活を頑張っていた私でしたが、就活支援サービスのカウンセリングに
相談してからはトントン拍子で仕事が決まり、ぱぱっと正規雇用就職…。

「ニートって就職できないんじゃないか…」とうじうじと悩んでいた頃とは大違いでした!

最悪ブラック企業も覚悟していたニートの就職時代でしたが、
「あぁ就職支援サービスに相談してよかったなぁ…」と今はしみじみと思います。

就職支援サービスを利用した時の大雑把な流れ!

では実際に就職支援を受けるにはどうすればいいのか?
まずは、公式サイトに行って登録をしましょう。

登録にはメールアドレスが必要ですが、スマホのメアドか、
Yahoo!やGoogleといったフリーのメアドでも問題ないです。

登録したからって料金が発生したりしないのでご安心ください。

その後はカウンセリング(相談)の申し込みです。

メールでのやり取りだけで支援を受けることもできますが、
このカウンセリングは絶対に受けた方がいいです!

自分の悩みや就職に対する不安なんかをぶちまけるいい機会です!
私は情けない事に泣きながら相談しに行きました(笑)

人に聞いてもらうことで考えがまとまったし、何より相手は
就職のプロ(しかもニートに優しい)ですから、相談してからはかなり心強くなりました。

紹介してもらった仕事からコレだ!と思うものが決まったら、あとは就職まで一直線でした。

履歴書などの書類の書き方、面談の対策やアピールするポイントなど、
かなり丁寧に、そして具体的に指導してもらいました。

それからはもうポンポンポーン!って感じであれよあれよと内定を貰って就活終了!
めでたく脱ニートして正社員になりました。

就職した後も定期的に「仕事はどうですか?何かおかわりないですか?」
「同僚や上司の事などで困ったことはないですか?」と連絡をもらいました。

何度も言いますがひとりでずっと悩まずに「相談して本当によかったなぁ」と思います。

オススメのニート向け就職支援サービス!

私が実際に利用したのは「ハタラクティブ 」という就職支援サービスです。

ものすごく親身になって相談を受けてくれたし、元ニートから
現会社員になれたのはハタラクティブのおかげです。

また、とにかく早く!今すぐにでも就職したい!という
ニートさんには「DYM就職」がおすすめです。

どちらも無料で利用できますし、どちらも紹介してくれる仕事は正規雇用だけです!
ニートはとりわけ就職に不利ですので、正社員を目指すなら利用しない手はないです。

ひとりで就活するよりも断然失敗が少ないですし、困ったことや
分からないことを聞ける就職のプロを味方につけることができます。

まずは気軽に登録、相談をしてみるのがよいでしょう!