女性ニートでも社会復帰できる!ポジティブ脱ニート応援ブログ。

脱ニートを目指す20・30代の女性を応援するブログです。女ニートでもできるお仕事・アルバイトの紹介や脱ニートの考え方などを伝授!

【ニート経験者が語る】就職したばかりだけど仕事を辞めたい!

calendar

「仕事を始めたばかりだけど仕事を辞めたい!」

働いている以上、誰しも一度は思う、というか絶対にあると思います。
特に新社会人になった方や転職をしたばかりの方に多いでしょう。

もしどうしても本当に心の底から仕事を辞めたいのであれば…。

個人的にはスッパリ仕事を辞めちゃうってのは「有り」だと思います。
今は仕事をしていますが、私も前の仕事は2ヶ月で辞めてニート生活をしていました。

そんな私の体験談をご紹介します。仕事を辞めたい!
と思っているあなたにとって何かの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

私が仕事を2ヶ月でやめてニートになった経緯

私が学生時代だった頃、就職氷河期のピークの時でした。

日本経済がガタガタで、物価が高くて売れない…。
仕事も少なく派遣切りやリストラのニュースや話題が常に絶えない…。

そんな中で就職活動をしていました。

なんとかして仕事に就こうと私は、とにかく手当たり次第面接を受けて、
どんなに丁寧に書いても読まれない履歴書を何枚も用意して…。

20社近く受けても、どんなに自分をアピールしてもテンでだめ。
度重なる「不採用」を受けて身も心もボロボロでした。

今すぐこの苦痛(就職活動)から逃れたい。

やがて、私の心を埋め尽くしたのは「いい会社に就職する」という目的より、
就職が決まって就職活動から「逃げたい、開放されたい」という気持ちでした。

そんな状態で正常な判断ができるわけもなく…。

ようやく貰った1社の内定で、私は「就職活動から逃れる」ために、
その会社に就職することを決めました。

初めてのモラハラ、始めて2ヶ月での退職

私が就職した会社は「会社員は家族!家族一丸となって頑張りましょう!」という
ブラック企業によくありがちなフレーズが社訓の会社で…。

新人研修は会社の良いところを褒め称えるだけの内容で、
ちっとも仕事のためにならない研修ばかりで…。

そのくせ研修が終わったら即別の会社に派遣される株式会社でした。
派遣会社ではないです。人材派遣を生業とする株式会社です。

 

いくら私自身の就職活動が終わったとは言え、世間は就職氷河期真っ只中です。

そんな中「派遣先」が簡単に決まるわけはなく、
就職してもなお「就職活動」するという馬鹿げた状態になりました。

ちなみにこの「派遣先」は営業部の方が探してきてくれるのですが…。

この営業部の方たちが決め手で私は退職を決意しました。

「あれ?うたとちゃん、まだ派遣きまってないの?」
「うたとちゃんさぁ~、女の子なんだからもっと可愛い顔しなよ~」
「そんなんだから派遣先の人に気に入って貰えないんだよ」

は?エンジニアに顔の良し悪しって関係あるのかよ。

新人歓迎会というくだらない名目の飲み会に参加させられた時も…

「うたとちゃん~。君、女の子なんだからお酌ぐらいしないとだめだよ~」
「それくらいさ~当然なんだよね」

私はエンジニアであってキャバ嬢じゃないんだよ。何が当然なんだよ。

というようにIT業界は男社会!という頭の固い
連中がたくさん居る会社に入ってしまったためか…。

まるで私が「女」であるだけでバカにされるような日々を過ごしていました。

当時の私は社会人になりたてで「会社ってこういうもんなのかな」と思っただけで、
それが「モラハラ」だった事に気が付きませんでした。

 

そんなモラハラを入社してから受け始めて一ヶ月…。
私の体は徐々に悲鳴を上げるようになりました。

日に日に会社へ行く足取りが重くなる、会社が近ずくと息が苦しい…。

いわゆる「仕事に行きたくない」ってやつですね。

仕事に行きたくないのは業務がツライから、ダルいから、
ではなく「会社の人たちに会いたくないから」でした。

そこからさらに1ヶ月は仕事を頑張ったのですが…。
じつはこの辺りの時期なにをやっていたのか明確に覚えてないのです(笑)

けどふとした瞬間プツンと何かが切れて
「私、仕事ツライんで辞めます」と上司に言ったのは覚えています。

上司にくだらない説教という名の「引き止め」をされましたが、
私の決意は固く、そのままスッパリと仕事を退職しました。

退職後は「もうコリゴリだぁ~(;ω;)」と再就職せず、
そのままズルズルと半年くらいはニート生活に甘んじていましたね(笑)

ニート半年を経て今の会社へ就職

いくらニート生活が楽しいと言えど息をするだけで貯金が減っていく状態…。

流石にそろそろ働かないとマズイと再就職を決意します。

ニート向けの就職支援サイトを活用したためか、
それともたまたま運がよかったのか、幸いなことに次の仕事はすぐ見つかりました。

IT関連の会社なので男社会なのは変わりませんが…。

上司が気をきかせて「うたとちゃんはこういう経緯があって…」
「それで前の仕事を辞めたから、みんな気をつけようね」
「女の子だからって、寄ってたかったら本人が怒るよ」と…。

釘を差してくれたので、前の会社よりも何百倍も働きやすい環境です。
まぁ少人数の会社のため業務は普通にツライんですけどね(笑)

それでもやっぱり前の会社を辞めてよかったと心のソコから思うし、
ニートの間は不安に思うことはありましたが…。

就職活動中や会社にいた頃と比べて精神的に切羽詰まってなかった分、
冷静に自分を見つめ直すいい機会だったと思います。

まとめ

私はニートになってしまいましたが、本当に気が狂うレベルで
だめだこの会社今すぐ辞めたいと思ったら…。

スッパリと退職して別の仕事に転職する、というのは大いに有りだと思います。
仕事を辞めて見えるものもありますし、自分の気持ちや考え方をリセットすることもできます。

とは言えあくまでも私の「推奨」ですからね!?転職が成功する保証はできませんよ!
辞めた後再就職できるかは、私ではなくあなた次第です。

 

最後になりますが、一応参考程度に私が使った
ニート向けの就職支援サイトをご紹介しておきますね。

就職するまでずっとサポートしてくれた、いい就職支援サイトです。
最初は結構ビクビクしてカウンセリングを受けに行ったのですが…。

ニートであった事やすぐに仕事を辞めてしまった事を
話しても全然バカにせず、すっごい親身になって相談に乗ってもらいました。

こちらは説明会みたいな無料セミナーだけ受けました。ビジネスマナーや身だしなみ、
といった就職活動に必要な知識を教えてくださる講座を無料で受けられます。

就職活動というか、ニート半年のブランクで社会に出るのが
久しぶりだったので一応受けておきました(笑)

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す